故宮の路地

故宮博物院
 大きすぎて 人も多くて
 草臥れる観光地の代表でもありますが

 その魅力は ちょっとした横の路地

   香炉

 無造作に置かれている 香炉だったか
 用水の甕だったか

 そして たえず どここ修理工事中

   修復中


故宮博物院の中にも 洋風建築があるのです

 写真は 延禧宮

  
人気ブログランキングへ

  解説によれば 元々この場所には 長寿宮を1420年に建築
   火災により焼失
  その後、1909年に3階建ての西洋式建築で 水晶宮を
   計画するも 財政難で1911年に 建築停止
   また その後1917年に空爆にあう

  修理看板の意訳です 
   どこか読み違えもあるかと思いますが
  1909年から1917年 激動の歴史を感じます

   百年前ね ロシア革命の頃ね
   溥儀さんの時代です
    あの映画を思い出します。。。

コメント

Secret

プロフィール

夢見るセブン

Author:夢見るセブン
旅ゆけば、ドジの山。
明るいだけが救いの
おっちょこちょいなアジア大好き
オバサンです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR