契丹

 東京芸術大学の美術館で行われている
 日中国交正常化40周年記念 特別展
  契丹 を見てきました。

 契丹

 なじみが、少し、薄ですね
 でも、ヤリツソザイ、ヤリツアボキ
 少し、歴史の授業で習ったことを思い出しますよね

 遼の太祖 耶律阿保機(872年~926年)
 有能な耶律楚材(1190~1249年)
 彼らの時代の出土品です。

 中国の内モンゴルで発見されたプリンセスのお墓からの
出土品です。

 みごとな金の細工、馬具の数々は、騎馬民族の力を感じます。
  *エルメスも真っ青の馬具でした。(笑い)    

 騎馬民族の力と、唐(=漢民族)の文化に対する憧れを感じます。

 契丹の展示をみながら、ふと、韓国の武寧王陵の展示室を
思い出しました。
 ゴールドがつなぐ文化圏
 ウラルアルタイ語族

 契丹はウイグルとも交流があり、仲が良かったと。
 
 契丹は、きっと、遠い遠い祖先かも知れません。

 

続きを読む

プロフィール

夢見るセブン

Author:夢見るセブン
旅ゆけば、ドジの山。
明るいだけが救いの
おっちょこちょいなアジア大好き
オバサンです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR