小雁塔

西安に現存する唐代の建築物は、残念ですが、 大雁塔と小雁塔 だけ。。。
他の建築物は、後の時代に再建したもの。
もちろん、大雁塔も小雁塔も修復工事を重ねています。
戦前の写真を見ますと、上部などかなり崩れていたようです。

大雁塔は、観光客も多く、賑やかです。
その分、スリなども多く見学中は注意が必要だそうです。
敷地も広く、喧噪の中を見学するようになり、疲れます。

それに比べ、小雁塔は、観光客もまばらで、ひっそりとしています。

元々は大雁塔も小雁塔もお寺です。
円仁の「入唐求法巡礼行記」 によれば、8月22日にこの小雁塔の南にある大興善寺の
西禅院に宿泊した旨が書かれています。
円仁が見上げたであろう小雁塔!
円仁を思いつつ小雁塔の庭を散策。
静かな分、余韻が残ります。

大雁塔も小雁塔も塔の中に入り、登ることができました。

続きを読む

プロフィール

Author:夢見るセブン
旅ゆけば、ドジの山。
明るいだけが救いの
おっちょこちょいなアジア大好き
オバサンです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR