今頃 熱海

 夏休みにGWの話で恐縮だ

 実は、GWの休みに伊豆へ行った
  久し振りの長距離ドライブ 
 近場にしようと、熱海に泊まった

いつも下の道から見えて 気になっていた
  泊まってみたい
   と、ウチのが言うので、水葉亭

  検索したら5月4日の夜に空室があった
  部屋タイプも2~3あり迷う

   直接 電話を掛けて聞いたところ
 
   だいたい同じ条件です
     予約はネットからお願いします


   とのこと

   私はあまり期待をしていなかったが 
        部屋は意外と広かった

水葉亭

和室が二間ありました。
    12畳+8畳ほどあった記憶です。
  
    のんびりできました。

続きを読む

東海館の写真

 感激して写真に納めた。

        火鉢

 火鉢だ!
 
 忘れていた床の間

 床の間

  谷崎の小説に出てきそうな陰影のある窓

        陰影のある窓

 もう見ることのない電球の飾りかさ
電灯

続きを読む

東海館

  伊東は、文学碑が多い
  数多くの文士が、保養に訪れた
  また、木下杢太郎の生家が今も残る

   古い建築物としては、東海館がある
   元は、旅館であるが、今は、文化施設として、見学できる
   とにかく、タイムスリップである
   大正時代の小説に出てきそうな雰囲気である

   もう、こんな家を建てることは、不可能であろう

伊東 東海館


 入館料¥200円
 充分、見応えがありました。
 土日祝日は、お風呂のみOK
 源泉がある

 喫茶室でお茶をする
 薪能の準備をしている
 あっと言う間にチケットは完売したそうである

 

続きを読む

川良さんのプール

 
  伊豆の話に戻ります

伊東で、川良さんを選んだ理由は、ただ一つ。
プール

  どうしても泳ぎたかった。
  伊豆の旅館やホテルのプールは夏場のみの所が多い。
  通年で泳げて、なおかつ、部屋食
  これは、少ない

  下田の清流荘のプールが素晴らしいのは、重々承知
  しかし、部屋食の料金は、私のお財布では、無理。
  熱川のカターラも良いが、今は、部屋食ではない。

  それで、ここ川良さんをチョイスした。

  プールの下見に行くと子供たちが泳いでいる。
  ウチのは、お子様が少し、苦手。

  でも、まぁ良いかと部屋で水着に着替えて、プールに行くと
  なんとラッキーなこと
  誰もいない。
  二人で楽しんだ。

  久し振りだ。
  8年ぶり位である。

  そろそろ体が疲れてきた頃にお子様グループがやって来たので、引き上げた。

続きを読む

ドクターフィッシュ

 伊東の駅前を散策し、おそば屋さんを見つける
  適当にテーブルは埋まっている
 三味そばを堪能し、川良に向かう。

チェックインの時にウエルカム ドリンクのチケットをくれた
荷物を部屋に置き、喫茶コーナーへ行く
ウエルカムドリンクは、オレンジジュースか、お茶のチョイス
私は、ジュース、ウチのはお茶。

ん? 横に変わったものがある
足湯か? いや、違う。
 なんと、ドクターフィッシュ!

  そう、きたない角質を食べてくれるお魚。
  TVで見たことはあったが、実物は初めて。
  いろいろと係のお姉さんに様子を聞く。
  
  5分¥500円
  高いのか、安いのか、わからぬ

 とにかく挑戦してみることに
 おそるおそる足を入れる
 入れたとたんに小魚が足をつつく
 くすぐったい、かゆい、イタかゆい 
 あ~~ん ダメ 不思議な感覚だ

   ドクターフィシュ

 二人でワイワイ騒ぎ、あっと言う間の5分間

 伊豆の初体験でありました。
プロフィール

夢見るセブン

Author:夢見るセブン
旅ゆけば、ドジの山。
明るいだけが救いの
おっちょこちょいなアジア大好き
オバサンです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR