されど機内食


 飛行機に乗る楽しみの1つに
  やはり 機内食 があります

笑われそうではありますが 好き嫌いもあり
 事前にHPなどで 確認することもあります

  8月の終わり頃に 機内食について、
   JALさんのプレスリリースがありました

   JAL国際線
      「若き料理人たちによる機内食」 を 提供

   詳しくは こちらの JAL HPから
    http://press.jal.co.jp/ja/release/201708/004393.html


  昔は エコノミークラスでも  帰国便は、ビーフステーキと
決まっていた時代がありました
    1980年代後半から 1990年頃かなぁ。。。
    記憶が定かではありませんが、、、
   
     やはり 機内食に企業努力を感じることがあります

    大韓航空さんの長距離路線は メイン3種類からの
     チョイス可能にも驚いたし
        ビビンバにも 驚いた
 
     K夫人など このビビンバにはまり
      「また 乗りたい」 と。    

   今までに私が経験した機内食で、嬉しかったものは

    朝ご飯の お粥!
      胃に優しく 最高でしたね
      これは 中国東方航空と大韓航空で 体験しました

    大阪~上海で 食べた中国東方航空のうなぎご飯にも
     感激した記憶が残ります

    ワーストは 続きから
    
      
    

続きを読む

保険の掛け方

もう 週末からは GW!

  薫風皐月 旅にでましょう!

  旅は人を成長させます
   旅は平和へのパスポート

  で、安全に旅を楽しむために 保険と たびレジをお忘れ無く

  保険のセットプランは結構高額になりますね
  近場で 短期間の旅ならば、、、、
   バラ掛けがお得

 詳しくは、続きから。。

続きを読む

ANAのムンバイ その2

成田を出て ムンバイまで 約9時間半

  これだけ長いと 楽しみは 映画です

  『 ララ ランド 』 が あるではないか

  『 僕の妻と結婚してください 』
    機内では この手のお気楽な映画が好き

   『 この世界の片隅で 』 もあるが
   なんとなく 飛ばす
     機内で泣き顔になっては困る

  宮沢りえ様の
  『 湯を沸かすほどの熱い愛 』 も
  嬉しいラインアップですね

  あれ、ドラマもある
   ダウントンアビーだ
    シーズン1の4話、5話、6話と
      中途半端な搭載ではあるが、
    最初の頃は見逃しているので
    もう一度 

続きを読む

水掛


   そうだ タイはお正月だ

最後に バンコクへ行ったのは何時だろう

なかなか 思い出せない

最初にタイ族のお正月に出会ったのは中国だった

地続きで 中国の南には タイの人々が住んでいた
中国の少数民族のあつかいだ。
 タイ族と ガイドさんが説明してくれた

メコン川の上流である

続きを読む

卒業

春を待つ セーラー服 開け扉よ

鉄鈴関

卒業式&謝恩会でしょうか 
 若い和服の女性を目にしますね

 幸多かれと願います

  写真は蘇州 寒山寺近くの鉄鈴関
クリークの関所跡です

続きを読む

プロフィール

夢見るセブン

Author:夢見るセブン
旅ゆけば、ドジの山。
明るいだけが救いの
おっちょこちょいなアジア大好き
オバサンです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR