マジェロ

 マジェロ

   それは、何処?
   南の島国 マーシャル列島の首都だそうです

   どうやって行くの?

   グアムから飛行機で8時間もかかるんだって、、、
    何で8時間もかかるかと言うと
    途中、3~4個の島を経由して行くそうで
    だいたい1時間ほど飛行しては
    小1時間ほど 経由地で モタモタ

   それで 機内サースは 飛んでいる時間が1時間位だから
   「お飲み物」 だけ。
 8時間も飛んで 「お飲み物」 だけ。
  
   ウワォ! お腹が空きますね
    難行苦行だわね
   
   

続きを読む

どんと焼き

過日 急用ができ 伊豆へ行ってきました

慌てて 旅館をネットで予約することに

ウチのは 部屋食派 
朝はバイキングでも良いのだが、夕食は部屋食希望
 どうも 他人様のお子様方と遭遇する危険性を
     憂慮しているようである

 本当の希望は 冬でも泳げるプールとお部屋食

   ね、そんな旅館さんは 見つからぬ
   それで プールを諦めた

 泊まりたかった某旅館は すでに満室
それで、 熱川で泊まることに

  海の真ん前
  障子を開ければ 大島がゆったりと見渡せる

   気分が良い

 浜ではどんと焼きの準備をしている

   昔は 1月15日だったね

   今は 成人式のお休みに合わせて
   どんと焼きを行うそうです

続きを読む

成田のホテル

昨年のことですが 仕事などの都合で
成田空港に近いホテルに宿泊することになりました

 いつも クライアント様のお供で出発する時は
 成田エアポートレストハウスを利用します

 理由は簡単明瞭
 とにかく 空港に近い
 ホテルバスも20分毎
 その上 朝の7時から9時は 1タミと2タミ
 それぞれにバスを出してくれますし
 1タミまでは 徒歩もOKです
 1タミの北ウイングから徒歩5分程です

 しかし 今回は ちょっと情況が異なり
 ウチのと一緒だし、、、
 とにかく 泳ぎたい

  それで 成田東武ホテルに泊まりました
   ネットを見ますと カテゴリーが たくさん
   東館 西館 どう選べば良いか???
   悩みました

  *お部屋の広さは東館が22平米〜/西館は25平米〜とゆったりサイズ♪
   もちろんWi-Fiは全室無料。

  
   とあり、ウチのとツインで宿泊することから
   西館を選びました

    プールの利用料は、1名¥1000円
    久し振りのプールです

    銭湯か 旅館さん並みのお風呂もあり
    泳いだ後は のんびり バスタイム

   丁度 時間が良かったのか プールには
   私達2名だけ
   ちょっと 淋しいな。。。
   でも のんびりと プールを堪能

   夕食は 空港まで行こうかと思っておりましたが
   泳ぎ疲れて ホテルのレストランへ

      東武ホテル 2


   バイキングが主流でありましたが 
   単品で注文も可能と言われ
   オーダーすることに致しました

    バイキングには 蟹の足が てんこ盛りで
    そそられましたが パス

    ゆっくり ディナーを楽しみました

  お部屋は ベッドが大きい分、トランクがあると
  狭いと感じますね

    東武ホテル 3


  窓からは空港と お隣のホテルが見えます

    右手に1軒
    東武ホテル 1

   左手に1軒
   JAL HTL

       この日 初めて気が付いたのですが
       JR成田線が JALのホテルの下を
       トンネル通過しておりました

          ふ~~~ん
          ホテルの真下を電車が通っていたんだぁ。。。


  そして 白い飛行機
   何の塗装も無い飛行機が見えました

       白い飛行機 
  

続きを読む

梵天東土


 実は 10月19日の午後から成都に出かけておりました
 昨日 台風が心配だったのですが
 なんとか 無事に帰国しました

 旅の目的は 成都の四川省博物院で 行われている
 特別展 梵天東土 の見学

  インドから中国全土の仏像が展示さ
   なかなか見応えのある 展覧会でありました

  写真撮影も自由
   但し あまり 身を乗り出すと
   センサーが作動し ピーピーと警戒音がなります
  
  仏像を堪能した旅でありました   

続きを読む

されど機内食


 飛行機に乗る楽しみの1つに
  やはり 機内食 があります

笑われそうではありますが 好き嫌いもあり
 事前にHPなどで 確認することもあります

  8月の終わり頃に 機内食について、
   JALさんのプレスリリースがありました

   JAL国際線
      「若き料理人たちによる機内食」 を 提供

   詳しくは こちらの JAL HPから
    http://press.jal.co.jp/ja/release/201708/004393.html


  昔は エコノミークラスでも  帰国便は、ビーフステーキと
決まっていた時代がありました
    1980年代後半から 1990年頃かなぁ。。。
    記憶が定かではありませんが、、、
   
     やはり 機内食に企業努力を感じることがあります

    大韓航空さんの長距離路線は メイン3種類からの
     チョイス可能にも驚いたし
        ビビンバにも 驚いた
 
     K夫人など このビビンバにはまり
      「また 乗りたい」 と。    

   今までに私が経験した機内食で、嬉しかったものは

    朝ご飯の お粥!
      胃に優しく 最高でしたね
      これは 中国東方航空と大韓航空で 体験しました

    大阪~上海で 食べた中国東方航空のうなぎご飯にも
     感激した記憶が残ります

    ワーストは 続きから
    
      
    

続きを読む

プロフィール

夢見るセブン

Author:夢見るセブン
旅ゆけば、ドジの山。
明るいだけが救いの
おっちょこちょいなアジア大好き
オバサンです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR