ANAのムンバイ その1

ANA様が ムンバイ路線を就航したのは
何時の頃だったか、思い出せない

 当初は、ビジネスジェット
 全部で、24席か 26席のみだった記憶です

 それで ご料金設定も高額でありました。

 一昨年頃から エコノミー座席が増え
今では、B787-8で運航しています
 ANA様のHPを拝見しますと、169席と出てきます

               

   だいたい 往路約10時間 復路約8時間のフライトです。
   たっぷり映画なども楽しめ、機内食もゆっくりいただけます

    と、思いきや、帰国便が満席で 意外と寝る時間がありません。

    いつまで経っても機内食が 始まりません

   客室乗務員様は 何か 細かい書類とにらめっこ
    何の作業かと思えば 特別ミールの確認作業に
    超、手間取っておりました。

    機内食には 普通食の他 宗教がらみの食事があります
    これが 意外と細かい

    その確認作業と配膳に オロオロ ノロノロ

    ご芳名の確認にも そう、インドの方のお名前は長いし
    読めません。。。。

    客室乗務員様に声をかけたところ

   「すみません、今日は100名様以上の特別食で
        お時間がかかっております。。。」

続きを読む

チャイの飲み方

インドの人は 面白い水の飲み方をする

 コップや ペットボトルに口をつけず
上手に水を飲むのである

  必ず 数センチ 口びるより離して
 ペットボトルを利用する
 そう 例え それが 自分のものであっても
 直接 口はつけない
  なので、結構 後ろに仰け反るような姿勢になります

  市場のチャイ売り場でも 不思議な光景に出会った

   カップ入りのチャイを ソーサーに移して
    すするように飲んでいるのだ

   カッチ 市場1


続きを読む

地産地消


    カッチ 市場6

 海に近い市場だ
 生きた鶏がいて、卵を販売している

 基本的にベジタリアンが多い場所のため
 買いに来る人は 少ない

  イスラム教徒が比較的多い町なので
  鶏屋さんもやっていけるのであろう

 まさに 地産地消

  この左側で 鶏をしめていた

   カッチ 市場5

  冷蔵庫は無いが
   しめたばかりの鶏を切り売りしている

続きを読む

異邦人

 市場を散策していると
頭の中で 久保田早紀の異邦人が鳴り出した

市場と言うより 道端に市が立っているのだ
朝 暗い内から荷車で野菜を運ぶ人々

   カッチ 市場3


 チャイの匂い

 おこぼれに預かろうと 牛や 犬がやってくる

 魚の市場には やはり ネコ!
 サリーの間から スーーーと魚を盗んで飛び去った

続きを読む

カッチ

カッチは 不思議な場所である

 湿原と地図にはあるが、砂漠もある
  サボテンが生い茂る

  広い広い 塩の湖があり
  地平線まで 星が見える

  ここ2年は 雨が降っていないと
   ガイド氏が言う

  煌びやかな衣装を身にまとい
  足には 重いアンクレットと言うより
  足枷かと思うほどのアクセサリーを着けている

  ラバリという民族が 丸い家に住んでいる

続きを読む

プロフィール

夢見るセブン

Author:夢見るセブン
旅ゆけば、ドジの山。
明るいだけが救いの
おっちょこちょいなアジア大好き
オバサンです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR