インドへ

インドへ行きたし、、時間が困った
 休みが取れない。。。

 写真で がまん、がまん。

   P1070331-s.jpg

  これは カッチの村

   2011年のこと

続きを読む

保険の掛け方


もうじきGWですね

  今年は予定が、、、残念な情況。。。
  海外に行かれる方が 羨ましい。。。

  で、やはり 保険は掛け捨てになりますが
お守り気分で いつも掛けています

  前にもちょっとご紹介しましたが
  海外旅行傷害保険のお得な掛け方をお知らせしますね

  安全で 近場で 短い場合
  そう 安近短の場合は バラ掛けにします
  セットプランなど 飛ばしてしまいます

  先ず、2泊3日か 3泊4日なら 風邪など引かぬ
  病などにはならない と 自分に言い聞かせ
  疾病死亡を 止めてしまいます

   掛けるのは 基本の傷害死亡
  掛け金が安いので 個人賠償責任と
  これは 回りに迷惑がかかるので
  救援者費用はマスト

  悩むのは 携行品でありますが
  この掛け金は割高なので 最低ランクにしておきます

    ** そんな高額な品を持って行きません
      せいぜい カメラか トランクです
      ¥5万もあれば 充分ですな

  航空機の遅延は 6時間以上の遅延で やっと
  支給されますので、無視しちゃいます

   と、申しますのも6時間以上 航空会社の責任以外で
   遅れるのは、 台風

   GWに 台風は考えられないので パス

   如何です
保険会社さんには 悪いですが
   セットプランの半額程度には なります

   もちろん デング熱などが流行っている場所に行く時は
   ちゃんと疾病も付けて出かけます

   日程表と にらめっこして 保険を考えるのも
  旅の楽しみの一つですね

 

続きを読む

孔子祭

日本にも ちゃんと孔子をお祭りした場所があります

 湯島聖堂 です

  お茶の水の駅前です
  元々 江戸時代には 昌平坂学問所 と

  さだまさし氏の歌にもありました
 
 聖橋からレモンを放る

    聞きながら レモンは丸善でしょ
    と、突っ込みを入れた記憶です

  聖堂があるので 聖橋 です

 今度の日曜日  4月22日には 孔子祭があります

    祭 と言っても 賑やかな神田祭とは違います

  10時から 大成殿で 論語のお話があります
  
   講師は、東京大学名誉教授 池田 知久先生 です

   古い書物の話は 心が落ち着きます

   孔子が生きた時代は 弱肉強食 戦乱の時代です
   そんな時代に 博愛 平和 を説いたのですから
   孔子の教えを採用する諸侯など皆無

   是非 お出かけ下さい

   詳しくは、こちら 湯島聖堂HPへ
    http://www.seido.or.jp/index.html   

続きを読む

プロフィール

夢見るセブン

Author:夢見るセブン
旅ゆけば、ドジの山。
明るいだけが救いの
おっちょこちょいなアジア大好き
オバサンです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR